« 金蛍2(ヒメボタル) | トップページ | ひまわり@南光町2 »

金蛍3(ヒメボタル)

DSC_D70A_0011342_95

D70&Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
絞り開放/20秒/iso1600/ノイズリダクションON/ニコンキャプチャーで調整後、Photoshopで合成
(2005/7/12)
撮ったのを全部合成してみて、こうなりました。
去年、同じ所で撮ったのですが、とても綺麗な金蛍の発光でした。今年は少なめでしたが、結構写ってますね。
哲多の金蛍(ヒメボタル)もそろそろ終息でしょうか。??
なかなか上手く金蛍を撮る事ができません、毎日通わないと・・・(^^;
他に近場でこんなにたくさん飛んでいるところを知らないので、来年もまた撮影に行くでしょう・・・

ホタル鑑賞は最低限のマナーである
1. ホタルを採らない。
2. 住民の迷惑になる行為はつつしむ。ここは神社の境内です。
3. 一切の明かりをつけない(車のヘッドライト・懐中電灯やカメラのフラッシュをホタルに向けない、デジタルカメラの液晶等表示の明かりをつけない、携帯電話を使わない)。
を守って見たいですね。
携帯電話のカメラ機能ではうまく撮れませんし、
コンパクトデジカメ・1眼フィルム・1眼デジカメでもフラッシュ焚いてもホタルは写りませんから・・・
三脚使って下さい(^o^)

|

« 金蛍2(ヒメボタル) | トップページ | ひまわり@南光町2 »

コメント

昨日の新聞に、哲多の金ボタルが載っていました。
大手饅頭の広告欄ですが・・作者の名前も載っていました。
minoltanさんなのかな??
素敵な写真です。でも、加工もきちんと出来ないと・・いい仕上がりにならないのですね。
難しそうです・・・ね♪

投稿: momo | 2005/07/13 23:29

momoさん、(^o^)丿
山陽新聞見ました。一応購読してるんですが、あまり新聞読みませんので・・・(^^;
新聞のヒメボタル乱舞の写真は私のではありません、ああゆう素晴らしい写真を撮ってみたいです。
新見の山根さんって聞いたことあるような、ないような、、、たぶん哲多に撮りに来られてたと思います。
新見の人で、すごい写真撮ってる方がいるとカメラマンの方が話されていたので、その方でしょう。
実際の金蛍の乱舞とは違うので、紙面見た人は勘違いされる方もいらっしゃるかもしれませんね。

こっちに蛍が多く飛んでくれるだろうと予想して三脚構えても、あっちがたくさん飛んでる・・・みたいな感じで、なかなか金蛍(ヒメボタル)撮るのは上手くいかないですが、何回も撮るうちに上手くなってるかな?と自分で勝手に思っています(^-^;)

加工といってもそんなに難しくなく、画像処理のソフトでちょっと処理すると何とか絵になりますよ。 \(^_^)/
私は、よこたさんのウェブサイト「星空・風景フォトギャラリー」の蛍の写真を見て、蛍撮り始めました。
よこたさんのサイトに蛍撮影の画像処理の仕方がありますので、参考にしています。

momoさんも来年は金蛍(ヒメボタル)鑑賞&撮影お勧めですよ。カメラマンと見学者のトラブルちょくちょくあるようで、それが残念ですが・・・・)(T_T)(

投稿: minoltan | 2005/07/15 22:55

minoltanさん おめでとうございます。

私も昨日デジタルフォト8月号を見たのですが、ちょうど私の1ページ前の同じ場所に掲載されていましたね。
70mmの望遠で、近くのゲンジボタルの軌跡が太く写っていてこれも良いな~って思いました。

minoltanさんはもちろん今年も高知よさこい祭りと徳島阿波踊りに行かれるのでしょうねぇ(^o^) 私も今度は車で高知と徳島とをはしごしようかと考えております。

投稿: よこた | 2005/07/22 07:11

よこたさん、ありがとうございます。(^o^)丿

デジタルフォトにホタルの写真2枚出してみたんですが、
選ばれてびっくりしてます。(@_@)
今度はお気に入りが撮れたら、向日葵の写真出してみようかと思ってます。

よさこい、阿波踊り今年も撮りに行く予定です。
私は、暑さに弱いので涼むのに最適なデパートの近くに出没すると思います(笑)

投稿: minoltan | 2005/07/23 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35851/4951224

この記事へのトラックバック一覧です: 金蛍3(ヒメボタル):

» 東京にそだつホタル [東京ゲンジボタル研究所]
ホタル生態と生息環境や生息条件、飼育と保護について美しいホタルの写真と共に詳しく解説。そして、今後の里山とホタルの保護と保全、再生のあり方と方法を提案しています。是非一度、ご訪問下さい。 [続きを読む]

受信: 2005/10/06 20:50

« 金蛍2(ヒメボタル) | トップページ | ひまわり@南光町2 »